季節
素材 カワハギ,魚,酒,味噌,みりん,
調理法 焼く
調理時間 ★★
難易度 ★★
ばくち(かわはぎ)の味噌漬け
材料 カワハギ・味噌・酒・みりん

作り方:
①頭を切り落とし皮を一気に剥ぐ。わた(内臓)を取り水洗いする
②味噌、酒、みりんをあわせ、カワハギを漬け込む(8~10時間程漬け込む)
③付いた味噌を落とし焼く(少し付いていたほうが香ばしく焼きあがる)


エピソード紹介:
 能登でカワハギは別名「ばくち」。
 皮が固いために剥がなければ食べられない。そこから「勝負に負けると身包みはがされるから」と言うことでついた名前だとか。
 
 白身でくせがないから、いろんな料理に活用される。
 刺身(肝を醤油に溶かして)、焼き物(味噌漬け、みりん漬け等)、煮物、揚げ物(から揚げ、南蛮漬け等)

 1990年代まで奥能登ではイワシがたくさん獲れた。カワハギもしかり。
 安く買えたのでイワシはこんか漬けに、カワハギは一夜干しにした。
 でも、今ではどちらも高級魚になってしまった。

 コメント:
お名前