NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » 「田舎で働き隊!」 30日研修リポート

2009年04月02日

「田舎で働き隊!」 30日研修リポート

研修最終日を明日に控え、春蘭の里の様子を見に行ってきました。

090330_1.JPG
●今日の実習地は、春蘭の里の農園に併設されているバンガロー。中には囲炉裏や五右衛門風呂、外にはかまどや炊事場があり、とてもよい雰囲気です。仲間とわいわい泊まりに行ったらとても楽しそう。

090330_2.JPG
●ここでの仕事は、バンガローの宿泊客が使うための薪を整えること。木は太さによって使い道が変わってきます。まずはそれを分けていくことから。

090330_3.JPG
●写真左は、指導担当の川口勇さん。分けた木材は、切り口をそろえて並べて見た目を美しく整えます。こうした細やかさが、お客様を心地よくさせるんですよね。手前側の薪は、前日までに研修生たちが薪割りしてつくったものです。

090330_4.JPG
●片づけなくてはならない木材は、まだまだ山になっています。
がんばれ、がんばれ!

090330_5.JPG
●こちらの研修生Sさんは、薪にならない枝先を焼却処分しています。「ここで本当の火の起こし方、育て方を教わりました。生木でたき火をするのは、キャンプファイヤーみたいに、売ってる薪を使うのとはまったく違うんですよ」。
昨日も雨や雪が降りましたが、湿った木でも確かにしっかりと燃え続けていました。

090330_6.JPG
●煙の来る方向を避けて、みんなで右往左往。「煙は人のいるほう、いるほうへ来るようになってるんやぞ。人のいない場所から空気が入ってくるからな」と川口さん。なるほど!いろいろ勉強になるなあ!

あと1日、がんばってくださいね!

投稿者 おらっちゃスタッフ : 2009年04月02日 09:06