角間の里山自然学校 HOME » 里山 Blog » キノコ日記

キノコ日記Top » サントリー世界愛鳥基金

2009年04月28日

サントリー世界愛鳥基金

4月16日

今年度から、里山里海自然学校は能登でサギ類の調査を行うことになりました。将来のトキコウノトリが舞う能登の里山を目指して、その基礎資料としてサギ類の生態を調べます。

09041605.jpg

私たちが行うサギ類の調査に、サントリー世界愛鳥基金から100万円の活動助成をいただくことになりました。サントリーさま、有難うございます。プレミアムモルツ大好きです。

R0015108.jpg

その、サントリー世界愛鳥基金の活動助成金贈呈式が東京・丸の内の銀行倶楽部にて行われました。丸の内といえば、自然学校の活動助成をしていただいている三井物産さまの本社があるところです。この日は、時間が無くてどうしても伺えませんでしたので、「いつもお世話になっております。」とビルに向かって御礼。また今度ご挨拶に伺いたいと思います。

R0015118.jpg

銀行倶楽部はとても格調ある古い建物でした。贈呈式では、山階鳥類研究所はじめ、全国の野鳥保護に尽力されている団体の皆様とご挨拶し、私たちの研究紹介もさせていただきました。

当日の様子はこちら →  サントリー記事

三井物産、そしてサントリーと企業の支援を受けて、大学が地域と共に里山里海の保全研究を行えるというのは、とてもありがたいことと感じています。世の中変わったねと。だからその分、研究者の社会における役割も変えていくことが必要だと考えています。これからも精進していきたいと思います。

R0015170.jpg

さて、東京から戻ってスーパーで食材を買ってレジに並んでいると、目に飛び込んできたのは、このポスター。
ほー、アサヒも、CSRでしぜんほごかー、えー里山里海ー、どこのだよ?
・・・石川の、あれこれ千枚田じゃね?やべ、全然知らなかったよ。どうしよ。

アサヒさま、うちの看板、「能登半島里山里海」です(バンバン)!近いうちにご挨拶に伺いたいと思います。スーパードライ大好きです。

アサヒビールの記事はこちら →  うまい!を明日へ!

投稿者 赤石大輔 : 2009年04月28日 19:26