角間の里山自然学校 HOME » 里山 Blog » キノコ日記

キノコ日記Top » 北国新聞記事について

2009年03月06日

北国新聞記事について

3月6日

北国新聞の「人つれづれ」の欄で、自然学校の活動を紹介していただきました。
私の写真が大きく出ていてちょっと恥ずかしいですが、とても光栄な事だと思っています。

記事の内容について詳しく説明したい部分があるので、ここで紹介します。

記事冒頭で、「1990年代「里山」という言葉が初めて登場した。」
とありますが、里山という言葉自体は、18世紀の文献にすでに登場しているようです。
現在使われているような概念を作ったのは、生態学者の四手井綱英先生といわれています。
広辞苑に登場したのが第5版(1998年)なので、「90年代にようやく認知され始めた」といえると思います。

また、「マツタケを発生させる成果も上げた」とありますが、もちろん私が発生させたわけではなく、珠洲市が行っているマツタケ山整備事業の中で、長年の努力が実ったと言うことです。私はその発生調査に協力させていただいているだけです。

以上、新聞記事の内容について、補足させていただきました。


投稿者 赤石大輔 : 2009年03月06日 10:39