角間の里山自然学校 HOME » 里山 Blog » キノコ日記

キノコ日記Top » キリコ祭りフォーラム

2007年11月19日

キリコ祭りフォーラム

11月17日

自然学校で,「第一回すず再発見フォーラム」が開催されました.

9月から自然学校にインターンで来ていただいている石川工業高等専門学校の美作羽衣さんがコーディネーターで,珠洲のキリコ祭りにスポットを当て,地域の文化を再発見しようという企画です.

20071117P-01.JPG

今回は,およそ90名の方がフォーラムに参加され,
地元から歴史家,神主さん,大工さんらがパネリストとして参加され,
キリコ祭りのなりたち,地域ごとの祭り作法,祭り料理,
さらにキリコを造る過程を紹介していただき,
観客からもたくさん質問が出たり,祭り料理に使う昆布巻きの由来なども紹介され,大いに盛り上がりました.
(昆布巻きについては, 里山レシピ より,「祭り料理」を選択して詳細をご覧ください).

さらに午後からは, 里山マイスター
受講生も参加して,パネリストを囲んでさらにキリコ祭りについて議論し,探求を深めました.

20071117P-03.JPG

その中で,祭りの衣装が話題に上りました.
私がこれまで聞いていた由来は「御輿やキリコは男しか担げない,
だから女房の着物を着ることで,夫婦一緒にキリコを担いでいることになる」
というものでした.これはなかなかすてきだなあと思っていましたが,
ほかにもいろいろな言い伝えがあって,
なかには遊郭にあそびにいっていて,急遽祭りだからというので,
遊女の着物をきて飛んでいったところから,というのもありました.

身近なお祭りにも,いろいろな謎があって,それをみんなでああでもない
こうでもないと話しが出来るのも,とても魅力的だと思いました.

こんな会をまた持ちたいと思います.
美作さん,お疲れ様でした.

投稿者 赤石大輔 : 2007年11月19日 22:45